卒業後、働きながら介護士資格を取得!!
日々、たくさんの事を勉強しながら意欲も技術もぐんぐん成長中

インタビュー

Q.介護士を目指したきっかけを教えてください

A.春原さん2学生時代、宅幼老所での職場体験がありその際に「ありがとう」とたくさんのご利用者様に声を掛けて頂いたのがとても嬉しく、その時に漠然とお年寄りと関わる仕事がしたいなと思いました。介護は人の役に立てるだけでなくたくさんの人を笑顔にできる仕事なので、こちらに入職後、仕事をしながら「介護職員初任者研修資格」を取得しました。日々、ケアの現場に一緒に入って先輩たちの技術を見ながら勉強し、分からない所はたくさん質問しています。

Q.この仕事を通じて「自分が成長したな」と感じるのはどんな時ですか?

A.今の職場には介護職員として、また社会人として未熟な部分を指導してくださる先輩方がたくさんいます。たまに怒られてしまうこともありますが、そんな時もめげずに「次頑張ろう。次で取り返そう」と思えるようになったことは大きいですね。今までは困難に当たるとつい逃げ腰になっていましたが、どんな時も簡単に諦めなくなりました。それと、ご利用者様がいつもより歩行状態がおかしいな、普段反応がない方が開眼したりうつむくなどして問いかけに応えてくれるなど、ちょっとした変化にも敏感に気付けるようにもなりました。

Q.将来、どんな介護士(介護福祉士)として活躍したいですか?

春原さんA.思いやりと笑顔を忘れず、誰からも頼られる介護福祉士になりたいです。ご利用者様の半数以上が医療的管理を必要としている方が多く、看護師さんたちと距離の近い現場で働いているので、医療的な知識も吸収しながらご利用者様へのケアの質を向上させていきたいと思っています。そしてどんな時も「してあげる」ではなく「させていただく」という謙虚な気持ちで仕事に向き合い、一人でも多くのご利用者様に笑顔の花を咲かせていきたいです。

看護師(訪問看護ステーション)所長 荒井 千恵さん

 「楽しく働ける」環境づくりがモットー
職員が常にベストなケアを提供できるようステーションの雰囲気を盛り上げています!!

 

arai01

Q.パウル会に入職されたきっかけや現在の仕事内容を教えてください

arai02b

 

A.看護師としていくつかの病院で働いてきたなかで、在宅療養・訪問看護という分野に興味を持つようになりました。パウル会を含め新生病院グループが終末期や広い分野で在宅に力を入れていることを知り、「ここなら理想の看護ができる」と入職を希望しました。入職後、ご家族様とご利用者様の希望に添えるよう妥協なく看護を実践している姿を見て、今まで自分が行ってきた「看護」に自信を無くしたことを覚えています。それからはご利用者様とご家族様がどんなケアを必要とし、その希望にどんな形で応えられるか様々なアプローチ方法を常に考えるようになりました。今は、所長としてご利用者様全体の状況把握や訪問日等のスケジュール管理、スタッフがベストなケアを提供できるための環境整備が主な業務です。ご利用者様への質の高いケアの実践は、訪問看護スタッフが心身共に健康に楽しく働けることが重要だと考えています。

Q.訪問看護ステーション「希望」の雰囲気を教えてください。
また所長としてメンバーに意識して伝えていることはありますか?

arai03

A.個性的なメンバーが生き生きと働いていますよ!スタッフを例えると「パズル」のようで、それぞれ違う形(個性)をしていますが、お互いがそれぞれを活かしつつ、補いつつ、上手く重なって、ひとつのカラーを出しているんだと思います。その分、まとめるのも大変ですが(笑)
日頃、私から意識して伝えていることは「ケアに迷ったら、その看護・ケアは自分がしたい事なのか、ご利用者様、ご家族様の希望なのかに必ず立ち戻るように」ということです。自分本位や自己満足になってもいけないですし、ただご希望を聞いているだけではベストなケアには結び付きません。日々、訪問させて頂くなかでご利用者様、ご家族様と一緒に考えさせて頂いています。

Q.この仕事に向いている人や一緒に働きたいと思うのはどんな人ですか?

arai04

A.看護の基本として「患者様中心の看護やケアを」とよく言われますが、訪問看護はまさにそれを実践し、体現する仕事だと思っています。本当にご利用者様・ご家族様に寄り添った看護を実践したい方、在宅医療に少しでも興味を持っている方は、ぜひ私たちと一緒に働きましょう!思う存分「看護」ができる環境ですので、間違いなく看護師としての成長が期待できます。個性豊かで温かく、看護に対して人一倍情熱を持っているスタッフたちがお待ちしています。

介護士(定期巡回随時対応型訪問介護事業所) 春原 麻衣さん

卒業後、働きながら介護士資格を取得!!
日々、たくさんの事を勉強しながら意欲も技術もぐんぐん成長中

インタビュー

Q.介護士を目指したきっかけを教えてください

A.春原さん2学生時代、宅幼老所での職場体験がありその際に「ありがとう」とたくさんのご利用者様に声を掛けて頂いたのがとても嬉しく、その時に漠然とお年寄りと関わる仕事がしたいなと思いました。介護は人の役に立てるだけでなくたくさんの人を笑顔にできる仕事なので、こちらに入職後、仕事をしながら「介護職員初任者研修資格」を取得しました。日々、ケアの現場に一緒に入って先輩たちの技術を見ながら勉強し、分からない所はたくさん質問しています。

Q.この仕事を通じて「自分が成長したな」と感じるのはどんな時ですか?

A.今の職場には介護職員として、また社会人として未熟な部分を指導してくださる先輩方がたくさんいます。たまに怒られてしまうこともありますが、そんな時もめげずに「次頑張ろう。次で取り返そう」と思えるようになったことは大きいですね。今までは困難に当たるとつい逃げ腰になっていましたが、どんな時も簡単に諦めなくなりました。それと、ご利用者様がいつもより歩行状態がおかしいな、普段反応がない方が開眼したりうつむくなどして問いかけに応えてくれるなど、ちょっとした変化にも敏感に気付けるようにもなりました。

Q.将来、どんな介護士(介護福祉士)として活躍したいですか?

春原さんA.思いやりと笑顔を忘れず、誰からも頼られる介護福祉士になりたいです。ご利用者様の半数以上が医療的管理を必要としている方が多く、看護師さんたちと距離の近い現場で働いているので、医療的な知識も吸収しながらご利用者様へのケアの質を向上させていきたいと思っています。そしてどんな時も「してあげる」ではなく「させていただく」という謙虚な気持ちで仕事に向き合い、一人でも多くのご利用者様に笑顔の花を咲かせていきたいです。